item7
madobe
LDTタケダデザイン
北海道民芸家具
LDTインテリアショップ森の恵み

madobe

窓から差し込む柔らかい光、そよ風、流れる雲・・・
窓は
四季を通じて、わたしたちの暮らしにさまざまな彩りを与えてくれる空間の大切なエレメントです
窓辺の心地よさのように、日々の暮らしにとけ込んでいくコンパクトな家具madobeシリーズ。

madobeシリーズは、
美しい木目と堅くてキズのつきにくい北海道産のオーク(ナラ)材を使い、北欧家具のようなぬくもりのあるシンプルさと、都会的なモダンさをめざしました。
ナチュラルな美しさと風合いをもつ、やさしくて可愛い家具です。

美しいフォルムをつくる、上質な素材
      どんぐりの木、森の王 オーク(ナラ)

深い森の中で、威風堂々たる巨大な姿を誇るオーク(ナラ)。ブナ科の大高木で日本全国はもちろん、北半球で幅広く分布しています。樹種によっては、直径1.5メートル、高さが30メートル以上になり、のびのびと太い枝を四方に広げて、森の中に雄壮に立ちはだかる樹形は美しく、まるで森の王者の観があることから、イギリスでは、King of Forest”森の王”と呼ばれています。落葉するオークは、秋になると黄色や虹色、紫色、褐色など色鮮やかに紅葉し、その美しさは私たちの目を楽しませ、たくさん実らせたドングリは森の動物たちへと、あふれる多彩な生態をもっています。

ナラという名前は、ミズナラの他にコナラやその類を含めた総称ですが、木材や家具用材で単にナラといえばほとんどミズナラのことを指すと考えてよいでしょう。日本は木材を大量に輸入していますが、逆に日本から外国に輸出している数少ない木のひとつがこのミズナラです。 明治末期ごろから日本のミズナラは世界的に認められはじめ、木目の風合いが洋風の家具に向いていることからJapanese oakとしてもてはやされました。

伝統的な継ぎ手の「あられ組み」がデザインのアクセントになっています。しっかりした木組みの技は無垢材ならではの豊かな表情を引き出します。

堅牢なつくりと継手

取扱い説明書

取扱い説明書及び組み立て説明書(一部簡単な組立あります。)が、製品に同梱されておりますのでご覧ください。

ポリウレタン塗装

ポリウレタン塗装とは、一般的な家具に用いられる塗装方法です。
塗装面は比較的かたくてキズがつきにくいといった特徴があります。

ふだんのお手入れ

柔らかい乾いた布で乾拭きしてください。
水分をしっかり切った布でもかまいませんが、乾拭きをして水分が家具に残らないようにしてください。
熱いものを直接置かれると、輪染みの原因となります。
ランチョンマットなどを敷いてください。
輪染みが付いてしまった場合、再塗装修理が必要です。
底がザラついた陶器などもキズの原因となるのでご注意ください。
ワックスや化学ぞうきん、また消しゴムなどの使用も避けてください。
ツヤが上がったりくもりが出たりしてしまいます。

油汚れには

中性洗剤をお湯で薄めて拭き取ってください。そのあと乾拭きをしてください。

木部のお手入れ

キツツキ マーク

サイトマップ

飛騨産業 madobe